結婚指輪、どんなことを基準に選べばいいの?

日常生活で身に着けることを意識しよう!

大きな一粒ダイヤや、たくさんの宝石が散りばめられたエタニティリングなど、婚約指輪は華やかでゴージャスなデザインのものが多いですが、結婚指輪は基本的には毎日つける人が多いため、シンプルなものが定番になっています。ストレートタイプやS字、V時などのデザインが人気がありますが、もう少しデザイン性を求めたいという方には、宝石が埋め込まれている表面がなめらかなタイプのリングはいかがでしょう。家事の時などにひっかけてしまう心配もありませんし、人とはちょっと違うオリジナル感が出せるのでお勧めです。

婚約指輪と重ね付けできるデザインだと二倍楽しめる!

婚約指輪と同じお店で結婚指輪を選ぶ方も多いかもしれません。そんな時はぜひ、重ね付るタイプをお勧めします。普段は結婚指輪だけしかしない場合でも、ちょっとしたパーティーやおめかしの時に二つのリングを重ね付すると格段に華やかになりますし、同じテイストのデザインのリング同士なので見た目もとても美しいです。ブランドショップや宝石店では、婚約指輪とセットでデザインされた結婚指輪が大体用意されているので、お気に入りのものを見つけてみてください。

奥様だけでなく、ダンナ様も身につける結婚指輪。

指輪というとどうしても女性目線で選んでしまいがちですが、婚約指輪と違って結婚指輪は夫婦二人で身に着けるもの。ダンナ様も結婚指輪を身に着けるのですから、一方だけでなく二人で気に入ったリングを選びましょう。気に入らないものだと身に着ける機会も減ってしまいますし、高価なものでもあるので、お互いが納得できるものがベストです。リングに二人のイニシャルやメッセージを入れられるサービスなどもあるので、色々調べて素敵な結婚指輪を見つけてくださいね。

結婚指輪の台座の素材として、プラチナやピンクやイエロー、ホワイトなどのゴールド、複数の素材を使うコンビネーションなどがあり、アレルギーや肌色を考慮して選ぶのが大切です。